真珠(パール)のネックレス、指輪のお手入れから選び方など真珠のことならPearl-net

パールネットTOPへ

【第 5 号】 タヒチ産黒蝶真珠...形とマスターカラー(Master Colour)?

タヒチ産黒真珠の形は?
タヒチ産黒蝶(くろちょう)真珠は、通常サイズは、〜mmという単位が使われます。最近のできるサイズは、8〜11mmが中心で、まれに20mmアップという超大粒真珠もできます。

R(round、ラウンド、丸):真円に近い真珠は、ほとんど無く全体の2%くらいの生産量です。
SR(semi-round、セミラウンド、オフラウンド):少しいびつですが、全体は丸に近く、ネックレスやリング等の製品にすると丸く見えます。生産量は、全体の2〜5%です。
SB(semi-baroque、セミバロック、少し変形):下記のSBは、セミバロックと云うよりドロップ、綺麗なものはティア(涙)ドロップと云います。もう少し変形度合いが強い場合もセミバロックといいます。
BQ(baroque、バロック、変形):変形の度合いの違いでショートバロックとロングバロックがあります。長いおもしろい形をしたバロックは、巻きがよくないとできません。希少価値として、重宝されております。

CL(circle、サークル):真珠の形として環(わ)のような筋状のものをいいます。なぜこのような形になるか?理由は分かりませんが、筋肉の強い若い貝に多く見られ、真珠層としては、かなり巻きがよくないとできません。値ごろの価格と巻きのよさで、ネックレスやペンダントして人気があります。

Light←・・・・・・・・・・・・・・・・Medium・・・・・・・・・・・・・・・・・→Dark マスターカラー
フランス語/日本語
Aubergine
ナス色、紫色
Vert Aubergine
グリーン系むらさき
Bleu
ブルー
Bleu Roi Aubergine
赤みの入ったブルー
Vert
グリーン、ピーコック
Aubergine Vert
むらさき系グリーン
Vert Azur
グリーン系紺色
Vert Tilleul
グリーン系ピスタチオ色
Gris
グレー
Gris Aubergine
グレー系むらさき
Gris Bleu Roi
グレー系ブルー
Gris Vert
グレー系グリーン
Light←・・・・・・・・・・・・・・・・Medium・・・・・・・・・・・・・・・・・→Dark

Master Colour

このマスターカラーは、現地の パシフィック パール カラーズ ポエマ のCG(コンピューターグラフィック)処理をした見本を元に参考までに色の違いを表しております。実際の色とは、違いますが基本的な色見本です。よく云われるピーコックカラーというのは、ミキモトさんが、使い始めたのが最初で、干渉色を思われがちですが、一般には、グリーン系の色をいいます。タヒチ現地の真珠組合は、ポエラバヌイ組合 と タヒチ パール プロデュース組合(TPP) があり、ポエラバヌイ組合 の方は、グリーン系の色を Peacock (ピーコック)と表示し、TPP の組合は、Multi Colour(マルチカラー)とグリーン系を表示し、ピーコック表示は、しません。Aubergine(なすび)色は、レッドピーコックとも言われますが、量が少なく希少価値もあります。今、現在のピーコックは、グリーン系を指し、ダークピーコックからライトピーコックまであります。