真珠(パール)のネックレス、指輪のお手入れから選び方など真珠のことならPearl-net

パールネットTOPへ

タヒチ真珠が採れる場所

フレンチポリネシア
19世紀印象派の画家ゴーギャンが、こよなく愛した南太平洋の島フレンチポリネシアは、大小118の島々から成り立ち、タヒチのあるフレンチポリネシアは日本から飛行機で11時間、距離で9500kmあります。ハワイから5時間、4400km、ロサンゼルスから6600kmあります。
タヒチのツアモツ・ガンビエ諸島
黒蝶真珠はタヒチのツアモツ・ガンビエ諸島にある40あまりのサンゴ環礁の島々で採れます。なおフレンチポリネシヤの大きさはヨーロッパ大陸に匹敵します。
作業所
作業所

作業所は海の中にあり、珊瑚環礁内は海も穏やかで干潮の時は歩いても作業場に行けます。
小型船で運搬中
作業所で処理した黒蝶貝を養殖所へ小型船を使い運びます。珊瑚環礁の外海は波が激しく、さめ等の危険動物も近くにいます。
作業所の中
作業所の中の風景です。貝についた他の貝を掃除したり、貝の状態がいいか厳重にチェックされます。
母貝の採取風景
母貝の採取風景です。現地の人は酸素もつけずに約15m(5〜7階のビル)くらいの深さまで素もぐりでいきます。3〜5分くらい我慢できるらしいです。

母貝からの卵を人工細胞で孵化(ふか)させ、海中の縄に卵をつけ育てます。黒蝶貝は2〜3年で成貝になります。
海中での作業
少し大きくなった貝は籠に入れ核を入れられるようになるまで、吊るされます。

←トップへ    『What's  真珠 ?』に戻る?